【最速!】2020年年賀状・年賀ハガキを最安で購入する方法!販売時期とお得な購入場所を事前調査!!

お得情報

2019年も夏休みが終わり、これから秋の行楽シーズンを経て年末と時間があるようで、あっという間に来年に向かっていくと思います。
年始最初のイベントと言えば初詣と共に、年賀状があります。
昨今はSNSの普及で年賀状自体送る人が減ってきてはいるようですが、それでも日本の大切な文化として、またはやはり手書きが一番想いが伝わるからという理由から年賀状をハガキで送る人はいるものです。

年賀状をデジタル化する人の多くの理由は「宛名書きといった面倒な作業が嫌」というのと共に、「ハガキ代がかかるから」というのも上位な理由にあります。
確かに一枚あたり62円(2019年から、それまでは52円)と、仮に100人に送ったら、それだけで6200円と中々無視できない出費です。

なので今回は改めて年賀状・年賀ハガキはどこで買うのがお得なのか?去年(というか今年)の情報を参考にまとめたいと思います。

【 広告リンク 】

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

志ん自家製ローストビーフ500g(カットあり用)/自家製つけタレ付き

志ん自家製ローストビーフ500g(カットあり用)/自家製つけタレ付き
価格:4,860円(税込)145 ポイント

年賀ハガキを「いつ」「どこで」買うのがお得なのか?

年賀ハガキの発売開始時期

例年通りであれば
2019年11月1日(金曜)
に発売になるはずです。

その当日に買えば安いということはないですが、後述する購入場所において、当然早い者勝ちになりますので、大体その時期までに年賀ハガキを何枚購入するのかの確認と予算確保はしておいて損はないでしょう。

どこで買うのか?

あまり引っ張っても仕方ないので先に書きますが、お勧めは
金券ショップ・ビッグカメラ・ソフマップ
です。理由は以下のとおり。

金券ショップ

金券ショップ(チケットショップ)でも年賀ハガキは売っていることがあります。
誰かが金券ショップに売ったモノを販売しているので、タイミングに依るのですが、
昨年は、11月1日の年賀ハガキ発売開始と同時に金券ショップでも販売していたようです。

金券ショップ販売価格を見ると、定価62円が1枚あたり平均60円前後が一般的な相場です。
インターネットでこの手の情報を検索すると、最安値は、1枚あたり58.5円(5.6%OFF)とのことです。

※価格についてですが、一律60円とかではなく、バラ売りではなくセット販売が基本で、10枚単位だったり200枚単位だったり、当然大量購入の方が値段が下がる、という枚数に応じた価格変動型のショップもあるようです。

購入する時期ですが、11月中であれば周囲も様子見で余裕で買えますが、12月になると世間が意識し始めるからか皆が買い始め、在庫が少なくなり、値上がりしたりします。
そこから更に12月末になると在庫処分のため値が下げるといった感じですが、12月末だと元日に間に合わない可能性が高いのであまりオススメしません。やはり11月中の購入がオススメです。

ビッグカメラ・ソフマップ

ビッグカメラ&ソフマップは家電量販店ながら年賀状を実店舗でも通販サイトでも販売してました(昨年は)

しかしながら値段が特段安いわけではないですが、大切なのは「ポイント払い」です。

年賀はがきを購入した場合、ポイント還元はありませんが、ポイント支払いは可能です。

通常、商品の「ポイント払い」はポイント還元がありません
本来ポイントがもらえる商品もポイント払いすることによりポイントがつかない。
つまり本来もらえるべきポイントがもらえていない状況になってしまうわけです。

それに対し、年賀ハガキであれば、「そもそもポイントがつかない」ので、年賀ハガキの購入にポイントを使用した方が、ポイントの取りこぼしがなくてお得ですよ!という話です。

どちらも数量に限りがあるようで、購入時期も金券ショップと同じく11月中に買わないとどんどん在庫切れを起こすようです。

まとめ

・年賀状販売開始は11月1日予定
・枚数や予算を整理して11月中には必要枚数購入するのが吉
・通常は金券ショップ、ポイントが貯まっているならビッグカメラやソフマップがオススメ

ただ今年は10月に消費税増税があり、その結果が年賀ハガキにどのような影響が出るのかわかりません。ただ年賀はがきの単価は変われど、購入する場所やタイミングについては大きく変動するものではないのかなと推察しております。

また10月の消費税増税で年賀状・年賀ハガキに大きな動きがあれば記事にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました