年賀状・年賀ハガキの書き損じハガキの交換方法とその他の有効活用方法!

お得情報

先日、年賀状・年賀ハガキを安く購入するお得情報記事を書きました。

せっかく安く買ったハガキも、メッセージや宛名(住所や氏名)を書き間違えた場合、しかもボールペンや筆で書いてしまい、修正ができない場合は廃棄するしかないのでしょうか?

一般的にこのように失敗したハガキを「書き損じハガキ」といいますが、これをそのまま捨ててしまうのは大変勿体ないのです。
書き損じハガキは、失敗した後も活用する方法があります!

今回は、書き損じた年賀状ハガキをどのように活用するのか交換できるのか?その他どのように有効活用をご紹介します!

【 広告リンク 】

おすそわけマーケットプレイス「ツクツク!!」

志ん自家製ローストビーフ500g(カットあり用)/自家製つけタレ付き

志ん自家製ローストビーフ500g(カットあり用)/自家製つけタレ付き
価格:4,860円(税込)145 ポイント

書き損じハガキは交換可能

年賀状を書いていて、書き損じてしまった場合、

書き損じた年賀状・年賀ハガキは、交換することができます。

年賀状・年賀ハガキ以外にも、通常のハガキ、郵便書簡、切手、レターパックなどにも交換することができます。

交換場所

各郵便局で交換可能
※注意:ゆうゆう窓口では交換不可

交換手数料

交換手数料は、1枚あたり5円の手数料がかかります。

交換可能期間

・新品の年賀状と交換したい場合:郵便局で年賀状を販売している期間になります。
※例年、およそ11月の頭から1月の上旬付近が年賀状の販売期間になっているようです。

・通常のはがき、切手、郵便書簡に交換したい場合:年中交換可能

交換ではなく換金がしたい場合

書き損じた年賀状は、郵便局では交換することはできますが、払い戻し(返金)することはできませんが、「金券ショップに持ち込めば」換金は可能です。

買い取り相場は、30円~40円ほどです。

喪中の場合

喪中となり、準備していた年賀状が出せなくなった場合は、郵便局の窓口にてその旨を伝えることで、既に印刷・書き込み済みのはがきでも、無料で新品のはがきや切手と交換することができます。手数料はかかりません。

※郵便局の窓口にて、請求者の氏名、住所、亡くなられた親類の方との続柄を書面に書く必要があります。

未使用の年賀ハガキがお年玉に当選した

未使用だったり、書き損じた年賀はがきなど、自分で買った年賀はがきであっても、
お年玉に当選した場合は、通常通り賞品と交換することができます。

寄付として活用する

書き損じ年賀ハガキは、日本ユニセフ協会、公益社団法人日本ユネスコ、その他さまざまなNPO法人などに寄付することができます。

書き損じハガキが、上記の通りお金や切手に交換され、募金としてや活動の通信費(郵送料)として利用される形となっているようです。

タイトルとURLをコピーしました